2007年2月13日

卒業式、入学式、挨拶・・・検索ワード

そろそろそういう時期なんだなあ~

ここのところのアクセス解析を見ていると
検索ワードは↓↓↓こんな感じ・・・

1 卒業式  241 21.9%
2 挨拶  110 10.0%
3 PTA会長  78 7.1%
3 クオバディス  78 7.1%
5 挨拶文  74 6.7%
6 卒業式の挨拶  69 6.3%
7 PTA会長挨拶  57 5.2%
8 祝辞  53 4.8%
8 使い方  53 4.8%
10 PTA  50 4.5%
11 パテハウス  38 3.4%
12 卒業式挨拶  37 3.4%
13 卒業  26 2.4%
14 サファリ  24 2.2%


“卒業式”とか“挨拶”関係が増えてきました。
各学校の会長さんたち、本当にご苦労様です!
なんといってもこれからの時期にある卒業式・入学式での
スピーチネタには私も毎回苦労した覚えがあります。

そこで・・・ジャジャ~ン~~~
友人が式辞の挨拶をまとめたページを作っていますので
ご紹介します。
<PTA会長「祝辞」など>
http://www.remus.dti.ne.jp/~ryuuji/pta1.htm

私のスピーチ例なんかもあり恥ずかし~んですが、
参考になると思いますよ!

みなさん、頑張って下さい!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年10月30日

学校と生徒の関係

いやなニュースを見てしまった。

TVに映っていたのは岐阜の中学校校長のマスコミに対する答弁。
「頭がぼーっとしていた」「いじめの事実は確認できていない」

これを聞いて、爆発した!!

何を考えての発言だろうか!
自分たちの生徒が一人亡くなっているのに・・・
自分で自分の命を絶つ、、こんな重さをわかっているのだろうか・・・

こんな校長らの発言を聞いて、在校生たちはどう思うのでしょうか?

学校ってこんな所だったの?
先生って私たちを守ってくれないの?

あまりにも生徒と先生の間の温度差があり過ぎます!
いじめはいじめた側や第3者が分かるものではないです。
いじめを受けた本人しか分からないことだってあると思うんです。
いじめられたと思う・・・それだけで十分じゃないでしょうか。

いじめを受けた側の立場に立たないと、、、
また立って考えないと、、、
もっともっと自分の学校内のことに敏感にならないと、、、

こんな校長のような発言を繰り返していたのでは、学校側は自分ら
を守ることしか考えていないと見受けられても仕方がないですね。
学校は何であるのか・・・
生徒が主体で動いていることを忘れてはいけないです。

子どもたちともっと向き合ってしっかりした人間関係を作り、
こんな悲しい出来事を無くす努力をして欲しいです!

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月24日

総会でのメール連絡網説明会でした。

高松市PTA連絡協議会の平成18年度総会がありました。
結構活発な??総会になり、1時間予定が約30分延長・・・

私たちは相談役として総会後にその場を借りて携帯メール連絡網
のメリット・デメリットや18年度バージョンの説明などをじっくりとする
予定が、時間が無く、、、端折った形になってしまいました。
参加された方みなさんに理解していただいたかどうか心配です。

とにかく、市P連も無事に平成18年度がスタートしました。
子どもたちを取り巻く環境が変わってきている中、
会長ほか役員の方々、頑張って下さい!!

060524.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日

子どもの安全

また子どもを巻き込んだ事件がありました。
子ども・・・とくに弱者が事件に遭っています。
いったいどうなっているんでしょうか、、、今の日本。

今日は私が関わっている高松市PTA連絡協議会
携帯メール連絡網推進委員会がありました。

これは「子供の安全に関する情報の効果的な共有システム」
に関して、県教委・市教委・各学校関係者・PTA・県警などと
連携して話し合い取り組んで行こうというものです。

文科省の事業として、今高松市P連で導入している携帯メール連絡網
を活用して個々に持っている不審者情報などを共有・周知出来るような
共有システムを構築して調査研究を実施するのが目的です。
(携帯メール連絡網は高松市内では約65校が導入済みです。)

不審者情報などの情報が保護者や地域に素早く提供できるようになり、
子どもたちが安全にそして安心して暮らせる町になるよう、、、、、
この共有システムが構築され利用できるようになればいいですね!

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月30日

小学校での英語教育導入?

中教審:小学校高学年で平均週1回の英語教育を提言
どうなんだろうかな??と思っています。

ただでさえ、、ゆとり教育での弊害が出て教育時間が足りなくなっている
のにどうするんでしょうか?

たしかに小さい頃から英語に親しんでいれば英語を聞く耳が出来るとか、
英語に慣れてくるとか思うのですが、小学校5~6年生から週1時間ですよね。
これって誰?が教えるかにもよってくると思います。
ネイティブ?
学校の先生?
英語圏で住んでいた親?

気になるのが、この英語ってどういう目的で勉強するのでしょうか?

個人的には中学校での3年間の英語を十分やっていればある程度の
コミュニケーションって取れると思うんですけど・・・
それプラス高校で3年間授業を受けますよね・・・合計6年間、、、
結構な時間だと思いませんか?
なのになかなか英語圏の人とコミュニケーションが取れない・・・私だけ (^^ゞ
中学校はまだしも、高校での英語って受験勉強のための
英語になっていないですかね・・・・
文法・長文読解・難しい単語や構文、、、など
もっと会話に重点を置いての英語教育にしないといくら時間を掛けても
同じような気がします。
正しい文法は大切だとは思いますが、グローバル化に必要なのは
多少の文法違いより、コミュニケーション能力じゃないでしょうか。

私はこんな記事の方が気になりました!!!
はしと鉛筆使えてる?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月24日

先生方の異動

先生方の異動がありましたね!
この時期になると今年は誰が動くかな~なんて思って新聞を見てますが、
探すのが大変・・・
最近でこそwebに載せてくれるので、検索をすれば早くなりました。

私たちの中学校・・・もうPTAはOBですが、、、
今回3名の先生方が異動されます。

今まで一緒に活動した先生方が毎年段々少なくなってきます。
寂しい反面、学校というところは先生が動くことにより新陳代謝が
出来ているのですね。
でも、異動して行かれる先生方は大変なことだと思います。
新しい環境、新しい生徒、当然学校の雰囲気も違いますからね~

異動される先生方、新しい学校では頑張って下さい!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日

絵画展の準備でした。

明日から始まる「未来の学校」絵画展作品展の掲示準備に行って来ました。
この絵画展は市内の小中学校統廃合の話が出た時に、統廃合をマイナス
で考えるのでなく、いい機会なので子どもたちに自分たちの学校がこんなに
なったらいいな、、、と思う絵を自由に描いてもらおうと始めました。

子どもの発想・・・自由でいいですね!

、、、で、準備は大勢の参加で3時間予定が、、、約1時間で終了!
みなさん、お疲れ様でした。

mirai-01.jpg  mirai-02.jpg

「未来の学校」絵画展の詳細は↓↓↓
http://www.takapta.com/blog/index.php?ID=205

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月14日

卒業式ご苦労様!

もうほとんどの学校で卒業式が終わった頃だと思います。
お子様方のご卒業おめでとうございます。

小学校6年間、中学校3年間、、、あっという間ですね。
子どもはどんどん大きくなって行きます。
子どもにいかにいい思い出を作れるか、、、
     ・・・これが親の義務だと思っています!
これって、親も子どもたちと一緒に、いい思い出作りをさせて
もらっているんですよね。
私も子どもに「ありがとう!」って言わないと・・・

それにしても、前にも書きましたがあらためてPTA会長の方々
は祝辞で苦労されているのがよ~く分かります。
昨日から今朝までのこのブログへの検索キーワード。
え~っというほど、検索を掛けていただいています、ビックリしました!

1   卒業式 101
2 挨拶 50
3 祝辞 39
4 pta 22
5 pta会長 20
6 PTA会長 18
7 PTA 12
8 挨拶文 12
9 中学校 11
10 PTA会長 11

PTA会長さん、、、、、ほんとうにお疲れ様でした!!

・・・でも今度は入学式があるんでしょうか?
プレッシャーを掛けてどうする~~☆α==(・・#)パーンチ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月10日

関東での説明会でした。

PTAメール連絡網の説明会に八王子市まで行ってきました。

朝はあいにく高松は雨模様・・・・・
空港へ行くと~~いやな霧が立ち込めています。
案の定・・・羽田行きの飛行機が遅れて2時間半待ち、、、、、フゥ~

昼からの説明会だったので、午前中にビッグサイトで開催中の
セキュリティー展へ行く予定だったのが・・・ダメになりました(涙)

八王子市立横川小学校さんでの説明会、
お母さん方の熱心な質問などで終始和やかな雰囲気の中
での説明会になりました。
この辺りの小中学校は校区制で決まったところへ行くのでは
なく、自分で好きなところへ行けるので、学校側の独自性や
雰囲気が大切になってくるようです。
こうやっていると学校側も他校と切磋琢磨して良くなるでしょうね!
横川小学校のPTA役員のみなさん、ありがとうございました。

 060310-01.jpg  060310-02.jpg

続いて、ちょうど近くで連絡網を既に採用していただいている
府中市立本宿小学校さんへお伺いしました。
メール連絡網を使い積極的に動いていただいているPTA会長の松本さん
にお会いしましたが、とても元気な方でした。
松本さん、ありがとうございました!

私も元PTA役員として各学校を回り、役員の方々と話をさせていただき
ますが、所が変わってもみなさんとPTAという共通点で楽しくお話しが
出来、お会い出来ることがうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月28日

ネチケットは子供たちが作る

インターネットの急速な広がり・・・・すごいですね!
インターネットが身を助けてくれたりします。
そして便利なはずのものが子どもを巻き込んだ犯罪に使われたり、、、
ネットで遊ぶ子どもを見て不安に思う保護者の方も多いと思います。

「ネチケットは子供たちが作る」(毎日新聞)2006年2月28日
                          という記事がありました。

ネット社会のモラルやマナー・・ネチケットを子供たち自身が考え、
子供から子供に向けて発信する試みのようです。

危ないものから遠ざけていると、実際その場になるとどうしてよいか
分からない事があります。
危ない危ないと言って、危ないものから守り込むのではなく、
何がどう危ないか、何でいけないのか、その時はどうするの?
・・・など、いろいろなケーススタディーをすることで危険回避が出来る
ようになるんじゃないでしょうか。

そのためには親もしっかりと勉強ないといけないですね・・・
私自身もです。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)